200507 会社・仕事選びのポイント(場所・仕事内容)

今回は、「会社・仕事選びのポイント」というテーマで話をします。どんな仕事をして暮らすかということは人生において大きな部分を占めます。ほとんどの人が仕事を選ぶ時には迷うものです。今回は仕事や会社選びのポイントと考え方を紹介します。

【目次】

  1. 仕事・会社の選び方
    • 会社で選ぶ場合
    • 場所で選ぶ場合
    • 仕事内容で選ぶ場合
  2. 海外で働くということ

仕事・会社の選び方

一般的な会社・仕事の選び方を「会社」、「仕事内容」、「場所」の点から3種類ほど紹介します。ほとんどの人がこのどれかの考え方で会社・仕事選びをしているはずです。それぞれにメリットとデメリットが存在します。

会社で選ぶ場合

私が入社した10年以上前は、ほとんどの新卒者がこのパターンでした。
入社時点で配属先や仕事内容が決まっておらず、配属先の場所に応じて引っ越します。入社後は会社近くに住み続け、異動の場合は会社拠点を中心に異動を繰り返します。いったん異動しても最終的には元の勤務先に戻る可能性があるが、会社の拠点がない場所には住むことができません。人付き合いは会社中心になり、過去の人脈とは疎遠になります。
会社-->場所-->仕事内容という順序です。

場所で選ぶ場合

地元志向の人に多いパターンです。
自宅周辺で会社を探し、住む場所の変更は仕事選びの選択に入っていません。生活環境を重視して仕事を選びます。生活環境が変化しないというメリットはありますが、住む場所によってはできる仕事が限られるというデメリットがあります。特に地方では仕事の種類自体が少なく、必ずしも希望した職業に就けない可能性もあります。
場所-->仕事内容-->会社という順序です。

仕事内容で選ぶ場合

転職者に多いパターンです。
会社名や勤務地に制約は少なく、どこにでも引っ越して暮らすパターンです。独身者や単身赴任者に多く、やりたい仕事を探してどこにでも引っ越します。仕事の選択肢が増えてやりたい仕事に就ける可能性が高いというメリットがある一方で、家庭との距離が離れてしまいます。勤務場所によっては、定期的に家族と会うこともできなくなるというトレードオフも存在します。
仕事内容-->会社-->場所という順序です。

このように、なかなかすべてが希望通りに進むことはありません。ところが、やりたい仕事と生活環境が一致する場合があることも事実です。

海外で働くということ

長年、会社員をしていると海外勤務になることもあります。
たまたま、会社が魅力的な場所に拠点を構えていて、たまたま人選されることもあります。 海外で仕事をする魅力は、異文化で暮らして、語学を学び、立派な経歴ができるということです。場所によっては生活環境が日本よりも魅力的な場合もあります。

私が出会った人物Aさんは既婚者で40代でした。彼は子供の教育環境を配慮して、「異動の時は10年単位で」ということでした。彼はアメリカの主要都市に勤務していたのですが、外から見れば理想的な成功者でした。ポイントを整理すると、Aさんは入社時に会社-->場所-->仕事内容という基準でした。最初の勤務地は、日本の地方都市であまり魅力的ではなかったようですが、幸運を引き当てて、魅力的な「場所」を勝ち取りました。10年後に以前の地方都市に戻るとしても、当面は魅力的な生活環境になります。

次にBさんです。Bさんは30代で海外勤務者でした。Bさんも入社時に会社-->場所-->仕事内容の選択をした人物です。勤務先の国と場所はたいして魅力的ではなかったのですが、彼は海外志向が強く、日本での勤務先に比べると仕事内容も場所(海外)もよかったとのことです。彼は、次も別の海外拠点で働きたいと言っていました。
この話を聞いて、少し心配になりました。他人が心配することではないのですが、Bさんの勤め先の会社は異動が頻繁にあって、Bさんも数年単位で異動になります。本人が望めば海外拠点に異動することもできるかもしれません。
ところが、彼の会社で魅力的な海外拠点はほとんどなかったからです。治安や衛生の面で心配がある場所ばかりでした。Bさんの生活基盤が頻繁に変わると婚期も逃してしまいます。Bさんが活躍することで会社にとってはメリットがあるかもしれませんが、Bさんにとってのメリットは少ないように思えたのです。悪く言えば、会社にうまく使われるだけの人生になってしまうように思えたのです。
ポイントを整理すると、「仕事内容」を満たしていたものの、勤務地が頻繁に変わるという点で、「場所」の要素がマイナス要因なのです。


2つほど事例を含めて、会社・仕事選びでのポイントを紹介しました。実際に会社に入って仕事をしてみると、「給料」、「労働環境」、「上司・同僚」などの要因も出てきます。それらをすべて満足することなど不可能ですので、今回は除外しています。
どこに住んでどんな仕事をするかというのは、人生設計で大きな要素になります。参考にしてみてください。

※関連記事) 仕事選びの注意点)特定の分野のみの専門性は危険
※関連記事) 人生の転機が訪れた時の決断と責任について考える


コメント・質問を投稿